石川 かおり ヴィオラ・ダ・ガンバ

kaori_ishikawa
山梨大学教育学部在学中、故大橋敏成氏の指導のもとにヴィオラ・ダ・ガンバを始める。同大学卒業後、バーゼル・スコラ・カントールムに留学。ヴィオラ・ダ・ガンバをジョルディ・サヴァール、パオロ・パンドルフォ、平尾雅子、フィーデルをランダル・クック、アンサンブルをクリストフ・コワン、ホプキンソン・スミス、コンラート・シュタイマンの各氏に師事。また、ヴィーラント・クイケン、ロレンツ・ドゥフトシュミットの各氏にレッスンを受ける。エンリコ・ガッティ、ウィリアム・ドンゴワの各氏等と共演する等、通奏低音奏者及びソリストとして活躍中。2009年夏、アントネッロ・モードより、CD「ユーモラス・トビー(トバイアス・ヒューム作品集)」を発売。

Kaori Ishikawa, Viola da gamba

Kaori Ishikawa began studying viola da gamba under Toshinari Ohashi at the Faculty of Education, University of Yamanashi. After graduating she entered the Schola Cantorum Basiliensis to study viola da gamba with Jordi Savall, Paolo Pandolfo, and Masako Hirao; fiedel with Randall Cook, and ensemble with Christophe Coin, Hopkinson Smith and Conrad Steimann. She also had lessons by Wieland Kuijken and Lorenz Duftschmid. She has performed with many leading musicians including Enrico Gatti and William Dongois. She performs regularly as soloist and as highly regarded basso continuo player. In 2009, she released the CD “Humorous Toby” (viol music of Tobias Hume). She works as an instructor at the Musashino Academia Musicae.