ダミアン 原田 隆文 シター 鍵盤

ダミアン 原田 隆文 シター 鍵盤

福岡県出身。国立音楽大学付属音楽高校打楽器科を経て渡欧。イタリアローマ教皇庁立ウルバノ大学、国際カルメル会神学校、テレジア大学、サンタ・チィチリア音楽院パイプオルガン・チェンバロ科にて音楽・神学を学ぶ。ルッジェーロ・ジェルリン(チェンバロ)、タチアナ・二コラエワ(ピアノ)、パードレ・ポ二バチオ(オルガン)、ジョルジュ・シフラ(ピアノ)、ミシェル・シャピュイ(オルガン)に師事。ヨーロッパだけでなくアフリカやインドを周りながら修道士としての生活を送り、神の聖ヨハネ病院修道会に入会。ローマ教皇パウロ6世の通訳なども行う。
その後パリ・エルサレム会に転会。パリ・エルサレム会は音楽をふんだんに取り入れた典礼を行い全ての人を祈りに招き入れることを目的とした観想修道会であり、オルガンとシターを主とした音楽活動を始める。
日本では国立高知大学人文学科、高知県立女子大学で非常勤講師を務めた。
1999年フランス・シター協会の即興コンクールにて第1位を獲得。またヨーロッパ各地で多くの修道会の典礼指導を行う。ユネスコ世界文化遺産サント・マリー・マドレーヌ大聖堂第1オルガニスト(ヴェズレー)、サン・ジェルヴェ教会オルガニスト(パリ)に就任。またノートルダム大聖堂(パリ)、モン・サン=ミシェル大聖堂でも活躍。北ブルゴーニュ音楽祭、パリ・マレークレティアン音楽祭など、数多くの音楽祭に出演。現在は日本とヨーロッパを行き来しながら、シターの後進の指導に力を入れている。

Damien Harada Takafumi,