懸田 貴嗣 チェロ

懸田 貴嗣 チェロ

福島県生まれ。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。
東京芸術大学音楽学部別科チェロ専攻修了後、東京芸術大学院音楽研究科修士課程古楽専攻修了。
文化庁在外派遣研修員としてミラノ市立音楽院古楽科で学ぶ。
修士論文テーマは「C.P.E.バッハのチェロ協奏曲」(指導教官:久保田慶一教授)。
チェロをガエタノ・ナジッロ、鈴木秀美、藤森亮一、北本秀樹の各氏に師事。2004年イタリア・ボンポルティ国際古楽コンクール(審査委員長:グスタフ・レオンハルト)で、4人のトリオ・ソナタ・グループ「リクレアツィオン・ダルカディア」のメンバーとして、第1位と聴衆賞、及びORF(オーストリア国営放送)録音賞を受賞。本選の模様はイタリアとORFラジオで放送された。
日本では、バッハ・コレギウム・ジャパン(鈴木雅明指揮)、オーケストラ・リベラ・クラシカ(鈴木秀美指揮)、レ・ボレアード(寺神戸亮指揮)、東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ(有田正広指揮)、ヘンデル・フェスティバル・ジャパン、札幌古楽の夏音楽祭、福岡古楽祭など国内の主要な古楽オーケストラ、音楽祭のコンサート、レコーディングに参加。
2005年以降ヨーロッパでも活動を始め、ラ・ヴェネシアーナ(クラウディオ・カヴィーナ指揮)、イル・コンプレッソ・バロッコ(アラン・カーティス指揮)、種々のアンサンブル・メンバーとして、イタリア、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、オーストリア、ポルトガル、ポーランド、スロヴェニア、ルーマニア、トルコ、メキシコ、韓国など世界中の音楽祭に招かれているほか、ヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。2008年オーストリア放送(ORF)ラジオ生放送に出演。

Takashi Kaketa, Violoncello

He studied cello under Ryoichi Fujimori and Hideki Kitamoto. then he studied at Tokyo National University of Fine Arts and Music Faculty of Music, Music Research Masters Degree Early Music Course with Hidemi Suzuki, and at Scuola Civica di Milano with Gaetano Nasillo. He plays with Bach Collegium Japan, La Venexiana, Il Complesso Barocco, Orchestra Libera Classica, and etc, collaborationg with Alan Curtis, Masaaki Suzuki, Claudio Cavina, Enrico Onofri, Enrico Gatti, Gunar Letzbor, Gaetano Nasillo, Hidemi Suzuki, Ryo Terakado, He recoreded with EMI/Virgin, ORF, Glossa, BIS, Creative CORE, DENON and etc. He played at numerous music festivals in Italy, France, Germany, England, Spain, Austria and Slovenia.