金子 美香 歌手 メゾソプラノ

mika_kaneko

金子 美香 歌手 メゾソプラノ

山口県出身。東京音楽大学を首席で卒業後、同大学院を経てザルツブルグモーツァルテウム音楽院マスタークラスを修了。また二期会オペラ研修所マスタークラスを修了し、修了時に優秀賞を受賞。平成18年度文化庁新進芸術家国内研修員。第18回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位入賞。第15回日仏声楽コンクール第2位及び日本歌曲賞を受賞。平成24年度山口県芸術文化振興奨励賞を受賞する。
オペラでは2008年二期会『ワルキューレ』グリムゲルデでデビュー。 同年にはC.アルミンク指揮新日本フィル定期演奏会『ばらの騎士』にも出演し、2009年二期会ニューウェーブオペラ『ウリッセの帰還』ではウリッセの妻ペネロペを好演。2010年二期会『オテロ』エミーリアでも絶賛される。また横須賀芸術劇場オペラ宅配便シリーズには、2010年メノッティ『霊媒』ババ、2011年メノッティ『泥棒とオールドミス』ミス・トッドと続けて出演して好評を博した。
以後も存在感ある美声と高い音楽性、充実した歌唱で活躍。2013年びわ湖ホール・神奈川県民ホール『ワルキューレ』シュヴェルトライテ、2016年新国立劇場『ワルキューレ』グリムゲルデ、仙台フィル『蝶々夫人』(演奏会形式)スズキ、2017年新国立劇場『カルメン』メルセデス等に出演。東京・春・音楽祭へは2014年『ラインの黄金』フロスヒルデ、2015年『ワルキューレ』シュヴェルトライテ、2017年『神々の黄昏』フロスヒルデ並びに第1のノルンで出演し、高い評価を得ている。
またコンサートにおいてもヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、メンデルスゾーン「エリア」、ヴェルディ「レクイエム」のソリストとして活躍するほか、Bunkamura20周年記念ワーグナー・ガラ・コンサート、NHKニューイヤーオペラコンサート等にも出演。すみだ平和祈念コンサート2016では、モーツァルト「レクイエム」のアルトソロとしてウィーン楽友協会合唱団と共演した。
日生劇場には2017年11月『ルサルカ』森の精3へ、2018年6月『魔笛』侍女Ⅲに出演している。また2018年夏にはバイロイト音楽祭『ワルキューレ』グリムゲルデに出演という快挙を成し遂げた。
二期会会員。

Mika Kaneko, Mezzosoprano

The Japanese mezzosoprano Mika Kaneko studied at Tokyo Colledge of Music, Mozarteum Salzburg and Opera Institute, where she awarded the second prize. After her winning of several singing competitons, she made her operatic debut as Grimgerde(Die Walküre) under the button of Taijiro Iimori at Tokyo Nikikai Opera Theatre in 2008. Since then she has appeared on the stage of the subscription concert of New Japan Philharmonic Orchestra “Der Rosenkavalier” (conducted by Christian Arming), Nikikai New Wave Opera Theatre “Il ritorno d’Ulisse in Patria” as Penelope. In 2010 she sang the highly acclaimed role of Emilia(Otello) under the lead of Roberto Rizzi Brignoli at Tokyo Nikikai Opera Theatre, Baba(The Medium) and Miss Todd(The Old Maid and the Thief) at Yokosuka Arts Theatre. In recent years she has focused on the works of Wagner: Grimgerde(Die Walküre) at New National Theatre Tokyo, Frosshilde(Das Rheingold and Götterdämmerung), Schwertleite(Die Walküre), Erste Norn(Erste Norn) at Tokyo Opera Nomori. Kaneko has repeatedly shown her worth at New National Theatre Tokyo, where was guest with a number of operas including Das Rheingold, Die Walküre and Carmen. In the 2017/18 season she sung third lady(Die Zauberflöte) and third wood sprite(Rusalka) at Nissay Theatre. Since then she has been guest with a number of companies including New National Theatre Tokyo, Tokyo Opera Nomori, Nissay Theatre. Furthermore, Kaneko is also much in demand in many concerts for example Beehtoven’s ninth symphony,Verdi’s Requiem,Mozart’s Requiem,and Messiah by Händel and closely working with many stellar conductors including Seiji Ozawa, Marek Janowski, Pascal Verrot. In addition, she has collaborated with Singverein der Gesellschaft der Musikfreunde Wien. In next season she make her role debut as Brangäne(Tristan und Isolde) and Erda(Siegfried). She is a member of the Nikikai.