ラ・モッラ 古楽アンサンブル

lamorra

ラ・モッラ 古楽アンサンブル

コリーナ・マルティ氏とミハウ・ゴントコ氏が率いる、ラ・モッラは、2000年にバーゼル・スコラ・カントールムで結成された。主に後期中世とルネッサンス時代の音楽をレパートリーとし、国際的に幅広い音楽活動を行なっている。フェスティバル・ファン・フラーンデレン(ベルギー)、北京中山公園音楽堂にて「古楽週間」(中国)、ヴォワ・エ・ルート・ロマン(フランス)、レーゲンスブルク「古楽の日々」(ドイツ)、キルケニー芸術祭(アイルランド)、ユトレヒト古楽音楽祭(オランダ)、オスロ国際教会音楽フェスティバル(ノルウェー)、アクタス・ヒューマナス(ポーランド)、古楽の友バーゼル(スイス)、シアトル古楽ギルド(アメリカ)など、世界で最も有名な古楽フェスティバルの数々に出演。またキプロス、エストニア、フィンランド、イタリア、日本、ポルトガル、スペイン、イギリスなどへの演奏旅行も行っている。
レコーディングも積極的に行なっており、ディアパソン・ドール、レコード評論家年間賞(ドイツ)、ノア・グリーンバーグ、アメリカ音楽学会賞、グラモフォンと国際クラシック音楽賞ノミネート、グラモフォン誌など国際的な音楽出版社から絶えず高い評価を得ている。日本ではOMFレーベルにて録音を行なっている。

LA MORRA, Early Music Ensemble

The ensemble La Morra is widely known for interpretations of late Medieval and early Renaissance repertoires that »never fail to keep the listener’s attention alive« (Gramophone).
Founded in 2000 at the Schola Cantorum Basiliensis, La Morra makes its home in Basle, the cultural capital of Switzerland. An international ensemble led by Corina Marti and Michal Gondko, it re-invents itself according to the requirements of the projects it undertakes.
La Morra appeared in some of the most prestigious early music events worldwide, including Festival van Vlaanderen (Belgium), Early Music Season at the Forbidden City Concert Hall (China), Voix et Route Romane (France), Tage alter Musik in Regensburg (Germany), Kilkenny Arts Festival (Ireland), Festival Oude Muziek Utrecht (The Netherlands), Oslo Internasjonale Kirkemusikkfestival (Norway), Actus Humanus (Poland), Freunde alter Musik Basel (Switzerland) and Early Music Guild of Seattle (USA). Concert tours have also taken the ensemble to Cyprus, Estonia, Finland, Italy, Japan, Portugal, Spain and the United Kingdom.
La Morra’s CD releases are enthusiastically received. Among the proofs of this are such distinctions as the Diapason d’Or, Jahrespreis der Deutschen Schallplattenkritik, Noah Greenberg Award of the American Musicological Society, the Gramophone and International Classical Music Award nominations, and the constantly high ratings in the international music press.