クァルテット・オチェーアノ 弦楽四重奏団

quartetto_oceano

クァルテット・オチェーアノ 弦楽四重奏団

東京芸術大学で同時期に学び、バッハ・コレギウム・ジャパン、横浜シンフォニエッタのメンバーとしての公演、またその他多くの演奏会で共に演奏している仲間で、2015年8月に結成。バロック時代から近現代まで幅広い時代の作品をレパートリーとするメンバーだが、中でもオリジナル楽器による演奏に興味を持って取り組んでいる。作品が作曲された当時の音色や世界観を再現、追体験することを試みるために、古典派の作品はもちろんのこと、ロマン派以降の弦楽四重奏作品もガット弦で演奏することを目指している。これまでハイドン、モーツァルト、シューマン、メンデルスゾーン、ドヴォルザークの作品を取り上げているが、H.ジャダン、A.ギロヴェッツなど知られざる作曲家の作品をプログラムに加えることにも積極的である。果てしない大洋のように、時に激しく時におだやかに、音を通して大いなるものとつながっていけるようなアンサンブルをとの想いを込めてQuartetto Oceanoと命名した。2018年より、ヴァイオリンに大鹿由希を迎える。

ヴァイオリン 廣海史帆 大鹿由希
ヴィオラ 伴野剛
チェロ 懸田貴嗣

Quartetto Oceano, String quartet

Quartetto Oceano was formed in 2015 by musicians who were collaborating in other renowned ensembles such as Bach Collegium Japan and Yokohama Sinfonietta. While the quartet members perform a wide range of repertoire spanning Baroque to modern, Quartetto Oceano maintains a special focus on performing Classical, Romantic, and post-Romantic repertoire on authentic period instruments with gut strings, seeking to reproduce and re-experience the tone color, atmosphere and perspective with which the music might have been composed at the time. In addition to their commitment to the well-known gems of the string quartet literature by Haydn, Mozart, Schumann, and Dvořák, Quartetto Oceano strives to shed light on works of lesser known composers such as Hyacinthe Jadin and Adalbert Gyrowetz. Current projects include the complete string quartets of Mendelssohn. Their schedule includes a broad range of outreach activities with a particular dedication to concerts for children.

Shiho Hiromi/ Yuki Oshika: Violin
Go Tomono: Viola
Takashi Kaketa: Violoncello