ラ・ヴォーチェ・オルフィカ 合唱

voce

ラ・ヴォーチェ・オルフィカ 合唱

イタリア語で「オルフェオの声」の意味である「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」は、濱田芳通と彼の音楽に共鳴する人々によって1987年に結成された。95年には日本テレビ主催「システィーナ礼拝堂修復記念コンサート in Tokyo」に出演したほか、99年の第15回公演は「音楽の友」誌で年間ベストコンサートの1つに選ばれるなど、中世、ルネサンスからバロック時代までの音楽作品の真の姿を現代に再現することを目指し活動している。2012年1月神奈川県立音楽堂主催モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」公演においては「本気の叫びや祈り・・・生きる力を貰った」朝日新聞(片山杜秀氏)「音楽する喜びが舞台上で爆発」東京新聞(渡辺和彦氏)と大きな反響を呼んだ。

La Voce Orfica,

LA VOCE ORFICA is a vocal ensemble founded in 1987 by Yoshimichi Hamada and those who sympathise with his musical ideas.
It intends the realisation of proper perfomance style of medieval, renessance and baroque music.