モニターヘッドホン

【前回の続きです】

現場で頻繁に見かける収録機材は実はさほど種類は多くなく、大体どこの現場に行っても同じような機材を目にします。それはマイクロフォンやスピーカー、DAWなどですが、ヘッドフォンも例外ではありません。

今回はどのような機種が収録現場で使用されているか挙げてみたいと思います。

beyerdynamic DT990PRO

ドイツ御三家の中でも定番です。これが移動中に壊れてしまったモデルです。

beyerdynamic DT770PRO

こちらが密閉型。

beyerdynamic DT 1990 PRO
beyerdynamic DT 1770 PRO

この2つが2015年に発表された、上位モデルですが、まだ現場で使用されているのは見たことがありません。

ゼンハイザー モニターヘッドホン密閉型 HD 25

これも定番です。どちらかといえばENGなどで受け入れられている印象です。

ゼンハイザー HD600

こちらはリスニング用途で広く受け入れられている様子ですが、モニター用途でも目にすることがあります。

Sennheiser HD800S

800の後継ですが、収録現場で目にすることが増えました!今回のヘッドフォンを視聴してみようと思ったキッカケです。

まだ本編というか本題に入っていませんが一旦公開です。